お昼にお手軽サンドイッチ

転職してから初めてお昼を外に買いに行きました。
今まではお弁当だったのですが、会社の人とも少しは会話をしなくてはと、同僚何人かで外出。

今日のお昼ご飯は、近所のパン屋に行ってサンドイッチを買ってきました。卵サンドと、もう一つはBLTサンドに似た一品。ボリュームがあったので、その2つで満腹になりました。

BLTに似たというか・・・ベーコン・レタス・トマト、そしてクリームチーズが挟んであったの。サンドイッチって手軽にお肉も野菜も楽しめて、どこかヘルシーな感じで、でもボリュームがあって。ささっと食べちゃうにはいいですよね。

家でアイスティーなんか作っちゃったりして。フレーバーの少し強い茶葉を濃い目に抽出して、氷で満たしたグラスに一気に注ぐ!溶けていく氷の、カランカランという音がまた、暑すぎる夏に一瞬の涼を運んできてくれた気がします。

サンドイッチにアイスティーなんて、ちょっと喫茶店な気分。お洒落なコースターでも出せばよかったかな?

先日TVで観た「東京駅のサンドイッチ」は面白かったです。色んなお店が、例えば東京駅店限定のサンドイッチを作っていたりして。なかなかにサンドイッチの奥の深さを垣間見た番組だったなあ。大きな肉を挟んだり、あっさりフルーツを挟んだり。東京駅って、グルメな人には要チェックのポイントなんですね。

色々なサンドイッチを拝見して、どれも美味しそうだった!でも、サンドイッチならやっぱり卵!って思うのは私だけじゃないですよね。基本というか王道というか。今度家で卵サンドを作ってみようかな、って思いました。http://www.giftsgadgetsandgames.com/

かつてもらいました面接での評価

かつてもらいました面接での評価、それについて、振り返りまして、心静かに、受け止めていきたいです。

今年の春のことでした。年度末の前、比較的、求人広告が、公務についてのそれは、出ます頃でした。

私は、その頃も、ハローワークに行きまして、検索パソコンで、求人を探していました。日常的な探し方となってしまっていました。ハローワークの利用は、私の生活習慣になってしまいましたは、オーバーな表現であります。がしかし、1日2回、毎日のように、出入りしたこともありました。

この時期は、ハローワークは、混んでしまっていたと思います。私以外にも、仕事を探されていました方は、複数、おられたと思います。今は、非正規が、悲しいお話、増えてしまいました。面白くないながら、不本意ながら、年度末で、それまで働かれていました仕事と、お別れせざるを得ない方々も、おられる様子でした。

ですが、そのような時こそ、新たなチャンスです。次の職場では、もっと、働きやすいかもしれません。認められるかもしれません。

この時期、ある面接で、事務の仕事で、ほとんど3をもらいました。医師の転職サイト!

最終雇用が終わった時代

最近の企業は最終雇用という概念をすてた。リストラという首切りを行い、会社を何とかなりたたせている。リストラとは再構築。日本人はリストラ=首切りと思っている。

わたしは、高校卒業後、大手企業の工業に就職した。10年続けていくうちに、中年の社員の扱いに恐ろしさと感じた。単身赴任をさせまくって、自己退職させようとしている。私は、これから、職人の時代になると思い、これから発展するIT企業に就職する事に決めた。人材派遣のライン工場に通いながら、勉強しプログラマになる事が出来た。そのころは人材がまったくたりない時代で、中途でも採用された。これから、生きていく為には生きる手段の仕事のスキルを増やす事だとおもった。今は、小売業で仕事のスキルを磨いている。これからの経済は悪化する一方だと思える為、スキルがあれば生きていける。そう考えるようになった。これからもこのスタイルで生きる手段として仕事と向き合うつもりだ。ですから転職なんて大げさな言い方だと思う。学校でいえば、隣のクラスに移動するだけだと考えている。これからの時代は先読みをし、それに対してどこまで自分が動けるか!!これに尽きる。

レスター、昇格チーム相手にまさかの敗北

オリンピック真っ只中の昨今、イギリスの地ではプレミアリーグが開幕、イブラヒモビッチが加入したマンチェスター・ユナイテッド、そして今年も大型補強が話題となったマンチェスター・シティはこぞって白星発進しました。

そしてプレミアリーグ開幕戦最大の話題をさらったのは、レスターが今シーズン昇格したばかりのハル・シティにまさかの黒星発進を喫した事でした。

昨シーズンのミラクルとも呼ばれたプレミアリーグ制覇により、今やレスターの地方の一クラブではなく、優勝、または上位すら狙えるであろうチームへと変貌、昨シーズンチーム最大の功労者であったカンテのチェルシー移籍はあったもののレスター?それに伴い、スピードのあるフォワード、ムサを獲得、磐石のシーズンを迎えたはずではありました。

ヴァーディーとムサの2トップで開幕を迎えたものの、この2トップはイマイチ噛み合わず、また堅守で鳴らした守備もその片鱗すら見せる事ができずの敗戦となりました。

そこから見えた光明として、先発ムサ、そしてそのムサに変わり途中出場した岡崎慎司が随所に良いプレーを見せた事でした。

後37試合、まだまだチャンスは十分にあります。医師転職サイトのおすすめ

ハードルが上がってしまったように感じるが大丈夫です

リオオリンピックの閉会式にあった東京のセレモニーでは日本の首相がマリオなって観衆を沸かせたこを知らない人は少ないと思います。その閉会式で首相がマリオになるまでのエピソードが記事になったものがありました。その記事によると何でも決まったのはオリンピック開催の3週間前ぐらいであったということです。最初はやはりオリンピックにでるような選手の中から探していたのですが、これといった人が見当たらなかったようです。このような記事を読んだ人の感想に、共感や賛成の意を表したものがもっとも多かったものが、演出が良かったというようなものでした。ほかには他国でも人気が高かったことが嬉しかったといったものです。また、意外性を評価したものにも票が集まっているようでした。これは一部の意見ではあると思いますが、首相の演じたマリオは国内でも良い印象のものであったように見えました。個人的にも日本のイメージがソフトなものになったのではないかなと思っていて、良いものだと感じました。ただ、東京オリンピックのハードルを自ら上げてしまったとも考え、東京オリンピックはいろいろと大変なことになりそうだなとも思っています。しかし日本のことですから、きっと素晴らしいものになるのではないでしょうか。

久々の友達とお洒落カフェでランチ

この一週間はお盆休みでした。今年も例年のごとく実家に帰り、地元の友達をランチに行くことに。ただ私の地元は田舎なので、行くところが限られてくるためいつものお店はちょっと飽きていました。そこでどこかないものかと、探したり親に聞いたりしてみたところ、田舎町にあるとは思えないようなお洒落なイタリアンのお店がここ最近できたそう。そこで今回はそのお店に行くことにしました。

日程がちょうどお盆真っ最中だったため、念のため電話で開いていることを確認してから向かいました。車を走らせることおよそ30分、畑や田んぼに囲まれた、ログハウス風のお店を発見しました。ここです。木造りの建物は田舎の風景にぴったりとマッチしているのですが、英語で書かれたお店の看板、夜にライトアップするであろうイルミネーションの装飾は本当に田舎のお店とは思えないほど素敵でした。店内もとってもお洒落。都会の隠れ家カフェのような雰囲気でした。

席について早速注文。メニューはパスタとピザがメインで、地元の食材をふんだんに使ったものでした。友達と別々のものを注文しシェアして食べました。味もまた良し。パスタはもちもち、ピザもふっくらとしていてとても美味しかったです。

次帰省する時も、また利用したいと思える大満足のお店でした。こちら